Rust

Rustで使いまわしの良いactix-web製HTTPサーバモジュールの基礎を作る

目的 必要にかられてRustでHTTPサーバを実装することになりました。 HTTPサーバは何かと使い勝手が良く、今後も気軽に立てたくなることがあるはずなので、ここで一つすごくシンプルなHTTPサーバのモジュールを書いてみました。 せっかくなのでRustが誇る高速…

Rust GUI crateの調査

私はRustでOpenGLを使った3Dプログラミングの実装を行っています。 それと関連して、RustでGUI系のcrateを利用して、その使い心地を調べるようなことをよくしています。 ここにその調査結果を少しずつ残して、どのcrateが目的に合っているのか記述していきた…

RustのLLVM IRでプログラム分析ことはじめ

この記事は、Rustその2 Advent Calendar 2019の22日目の記事です。 はじめに Rustのコンパイラは内部でLLVMを利用しています。 LLVMとはいわゆるコンパイラ基盤というもので、Rustのコンパイル側でLLVMの中間コード(IR)まで生成できたら、あとはLLVM側が最適…

書籍『RustではじめるOpenGL』の内容漏れと更新のお知らせ

技術書典7で頒布いたしました『RustではじめるOpenGL』に、1ページ分程度の内容漏れが見つかりましたので、お知らせいたします。 該当箇所は、「第2章 SDL」の中にある「2.1.3 Windowsの場合」の内容が抜けておりました。 メインで利用しているPCがLinuxであ…

技術書典7にて100冊以上頒布達成しました

9月22日(日)に開催されました「技術書典7」にて、『RustではじめるOpenGL』という書籍を頒布させていただきました。 技術書典7のテーブルの様子 無事に書籍も現地に配達され、多くのお客様に書籍を届けることができました。 我々のテーブルに来てくださった…

技術書典7にて『RustではじめるOpenGL』を頒布します

来る2019年9月22日、サンシャインシティ 文化会館ビル 展示ホールで開催される技術同人誌イベント「技術書典7」にて、書籍『RustではじめるOpenGL』を頒布いたします。 『RustではじめるOpenGL』表紙 『RustではじめるOpenGL』裏表紙 書籍の情報 書籍名: Rus…

RustのCrate調査 (better-panic)

Rust製の実行ファイルが異常終了した際に出力されるスタックトレースを、見た目の良いものに置き換えてくれるcrateを発見し、さっそく使ってみました。 crateの名前は「better-panic」です。 作者はPythonのflaskで有名な「mitsuhiko」ことArmin Ronacher氏…

RustでMicrosoft製SMTソルバ「z3」を使う

「記号実行」で利用される「SMTソルバ」 私は興味のある分野がいろいろあるのですが、プログラムの解析技術もその中の一つです。 プログラム解析技術の中には、「記号実行 (シンボリック実行)」というものがあります。 これは、「どのような入力を与えられた…

RustのCrate調査 (version_check, ryu, unicode-width, fnv)

先日、Rust言語でよく使われているcrateをいくつか調べました。 toyamaguchi.hatenablog.com 今回は、version_check、ryu、unicode-width、fnvについて調査をしました。 コンパイラのバージョンは「rustc 1.33.0」です。 version_check : コンパイラのバージ…

RustのCrate調査 (bitflags, byteorder, chrono, encoding_rs, num_cpus)

Rustのコードをコンパイルしていると、直接的には使っていないですが、依存関係のためにダウンロードされてくるcrateをよく見ます。 そういうcrateの中には便利なものもあるだろうと思い、いくつかのcrateの調査をしてみました。 今回は、bitflags、byteorde…

Shinjuku.rs #3にてLightning Talkをしました。

先日、3月12日に行われた勉強会「Shinjuku.rs #3」にて、Lightning Talkをしました。 発表は「Visualizatoin System in Rust - Rustで作る可視化サーバの紹介」というタイトルで行いました。 20190312 Visualization System in Rust from ToshihiroYamaguchi…